ごあいさつ

立春を迎えても寒い毎日ですが、少しずつ春を迎える準備が始まりました。
もみの木会も春を迎える最初の行事、三年ぶりに新年会が行われ今年度がスタート致しました。久し振りにお友達を見つめるまなざしがマスク越しにとても優しい微笑みに溢れ、再会の喜びに包まれた会場は華やぎ会話が尽きないご様子が伝わって参りました。そばで拝見してたくさんの元気をいただきとても心がほっこりいたしました。
又5名の方が遠方からお越し頂き、皆様の地域でのご活躍の貴重なお話もお聞きすることが出来ました。70回生の方のご参加も嬉しくこれからも若い息吹を期待致します。
この日を迎える事が出来ましたのも2の当番回生幹事の方の温かなテーブルセッティングのお陰ですし、ホテル側の行き届きました気配りと美味しいお料理も会場を一つの大きい輪にしてくださいました。
残念ながら声を出して歌う事は出来ませんでしたが、校歌はいつ聞いても通信教育課程での卒業式を思い出させてくれます。

もみの木会は3月20日の卒業式で71回生卒業生をお迎えします。
総会は4月22日(土)桜楓2号館3階で開催し、今年度は三年振りに講演会を再開致します。
家政学部通信教育課程児童学科特任教授 尾崎啓子先生が「フィンランドの子育て支援と特別支援教育」と題しまして写真をたくさんご交えてお話してくださいます。
3月送付致します総会のご案内の中でもお知らせいたしますが、ご参加お待ちしております。
皆様にお目にかかる日を心待ちにしております。

   令和5年2月   

もみの木会  会長  豊島 眞知子(50回芸)


Page Topへ